文字サイズ

用語集

支出費用

海外建設工事契約での決済方法の多くは、発注者が一定期間に実施した仕事の量(出来高)に応じて対価等を支払うものです。「支出費用」とは、このような「技術提供契約」において、受注者が契約に従い工事を実施しても、発注者との間で対価が確認されていない費用や受注者が今後の工事のため先行的に調達した原材料等の費用などをいいます。発注者は、これら「支出費用」に支払義務もなく、受注者にとって、リスクが生じても、契約上、損失が生じないことになります。貿易保険は、貿易一般保険契約時に『支出費用特約』をオプションとして付けることにより、契約上、対価が確認されていない「支出費用」の損失をてん補することができます。なお発注者と受注者で対価が確認されている費用を「確認対価」といいます。

ページの先頭へ