トピックス

トルクメニスタン/ 国営電力公社向け天然ガス焚き火力発電所建設プロジェクト(融資保険の引受)
-TFEBとのMOUに基づく引受第一号案件-


2018年7月13日

株式会社日本貿易保険

 株式会社日本貿易保険(NEXI:代表取締役社長 板東一彦)は、トルクメニスタン国営電力公社トルクメンエネルゴが、同国レバップ州で建設する天然ガス焚き火力発電所プロジェクトにおいて民間金融機関が行う融資に対して、融資保険の引受を決定いたしました。

 NEXIとトルクメニスタン国立対外経済関係銀行(The State Bank for Foreign Economic Affairs of Turkmenistan、”TFEB”)は、2015年10月に両国の貿易・投資促進に向けた協力のため書覚1(MOU:Memorandum of Understanding)を締結しています。トルクメニスタン政府からも本邦企業による輸出拡大に向けた強い支援要請が示される中、本プロジェクトは同MOUに基づき引受を行う第一号案件です。

 本プロジェクトは、住友商事株式会社(住友商事)がEPCコントラクターとして参画し、本邦から三菱日立パワーシステムズ株式会社(MHPS)製のガスタービン及び発電機一式(約400MW相当)を納入するものです。この発電プラントの設備等購入代金及び建設資金について、株式会社国際協力銀行(JBIC)、株式会社三井住友銀行(幹事行)及びアイエヌジーバンク エヌ・ヴィ 東京支店が融資を行い、NEXI はこのうち民間金融機関の融資(約120億円)に対し保険を引き受けます。また、TFEBおよび幹事行との間で個別にSupplemental Agreement2を締結しています。

 トルクメニスタンは隣国のアフガニスタンとの間で電力供給契約を締結しております。本プロジェクトは、同契約に則り、アフガニスタン向け電力輸出を目的として実施されるものであり、復興プロジェクトの一環として、アフガニスタンの社会経済の安定・発展に資することが期待されます。また、世界第4位の天然ガス埋蔵量を有するトルクメニスタンにとっても、本プロジェクトは国内天然ガスの利用推進に向けた重要なプロジェクトといえます。

 住友商事は新興国における電力市場開拓に注力的に取り組んでおり、本プロジェクトは同社の中央アジアにおける電力インフラ関連ビジネスの拡大に資するものです。また、高効率のMHPS製ガスタービンの納入は、トルクメニスタンにおける資源利用の更なる効率化及び環境負荷の低減に寄与するものであり、本件をきっかけとして、今後日本-トルクメニスタン間の貿易・投資の更なる活発化が期待されます。さらには、トルクメニスタンを含む中央アジア地域における、本邦企業の国際競争力の強化にもつながることが期待されます。

 NEXIは、今後とも日本の政策金融機関として、本邦企業による輸出を積極的に支援してまいります。


(ご参考)
融資先 トルクメニスタン政府※
(※借入窓口はTFEB)
被保険者 株式会社三井住友銀行、アイエヌジーバンク エヌ・ヴィ 東京支店
保険価額 約120億円
保険責任期間 約6年
てん補範囲・付保率 非常危険100%、信用危険95%(ソブリン特約付き)

お問い合わせ先   営業第二部 電力グループ Tel: 03-3512-7340



1 トルクメニスタン国立対外経済関係銀行との協力のための覚書の締結については、2015年10月26日付けトピックス(ニュースリリース)をご覧ください。

2 Supplemental Agreementは、NEXIの保険引受に係る取り決めに関する関係者間の相互理解を目的として締結される合意文書です。

前のページへ戻る
ページの先頭へ