トピックス

ガーナ共和国/FPSO保有・傭船事業向け投資案件(海外投資保険の引受)


2018年7月10日

株式会社日本貿易保険(NEXI)

 株式会社日本貿易保険(NEXI:代表取締役社長 板東一彦)は、住友商事株式会社(住友商事)、川崎汽船株式会社(川崎汽船)、日揮株式会社(日揮)及び株式会社日本政策投資銀行(日本政策投資銀行)の4社(以下、本邦4社)がガーナ共和国(以下、ガーナ)における浮体式石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO1 )の保有・傭船事業に対して本邦から行う投資につき、海外投資保険の引受を決定いたしました。

 本件において、本邦4社は、マレーシアの海洋サービス事業者であるYinson Holdings Berhadが運営するFPSO保有会社のYinson Production (West Africa) Pte Ltd(YPWAPL社)に26パーセント出資しました。YPWAPL社は、イタリア大手石油会社Eni SPA傘下のEni Ghana Exploration and Production Ltdとの間で、15年間のFPSOの長期傭船契約を締結し、2017年5月にガーナ沖南西約60キロメートルのOffshore Cape Three Point鉱区において原油生産を開始しています。本件は、住友商事、川崎汽船、日揮、日本政策投資銀行にとって初のFPSO保有・傭船事業への出資参画であり、本事業を通じて知見やノウハウを取得することで、今後の更なる海外事業の発展が期待されます。

 NEXIは、今後も日本の政策金融機関として、本邦企業の海外事業展開を積極的に支援してまいります。


(ご参考)
被保険者 住友商事株式会社、川崎汽船株式会社、日揮株式会社、株式会社日本政策投資銀行
取得のための対価の額 約124億円(本邦4社合計)
保険責任期間 20年間
てん補範囲・付保率 非常危険100%

お問い合わせ先 営業第一部 投資保険・引受グループTel: 03-3512-7668



1 Floating Production, Storage and Offloadingの略。洋上で原油・ガスを生産し、生産した原油をタンクに貯蔵し、直接タンカーへの積み出しを行う設備。

前のページへ戻る
ページの先頭へ