文字サイズ

用語集

ソブリン・バイヤー

「ソブリン・バイヤー」とは、「OECDの輸出信用アレンジメント」の定義によれば、国家の信用を代表する機関(an entity which represents the full faith and credit of the State)をいいます。具体的には、「ソブリン・バイヤー」として大蔵省又は中央銀行を挙げていますが、各国の輸出信用機関(=「ECA」など)では統一的な定義がなく、各機関により違いがあります。

ページの先頭へ