文字サイズ

用語集

実損てん補制

「実損てん補制」とは、NEXIが、被保険者の損失額を基準に「保険金額」を限度として保険金を支払う方式をいいます。「実損てん補制」を採用している保険種は、転売等で一部回収が可能である等により部分損失の発生するものであり、NEXIの保険商品では、貿易一般保険(「船積不能」)、貿易一般保険「増加費用」、海外投資保険などが該当します。
<貿易一般保険(船積不能事故)の例> 保険価額100万円、「てん補率」が95%で、「非常危険」による「船積不能」になったとき、船積不能額が100万円、転売額等50万円だとすると損失額は50万円となります。支払われる保険金の額は、「付保率」によって以下のようになります。

(計算式)
損失額=〔100万円(FOB金額)-50万円(転売額等処分額)〕=50万円
てん補責任額=50万円(損失額)×95%(「てん補率」)=47.5万円
(「保険金額」が異なる場合の支払保険金)
「保険金額」(付保率が90%)が90万円の場合の支払保険金    47.5万円
「保険金額」(付保率が60%)が60万円の場合の支払保険金    47.5万円
「保険金額」(付保率が20%)が20万円の場合の支払保険金     20万円
ページの先頭へ